ナレッジベース

Tableau Server で .tdc ファイルを使用する


発行: 24 Jul 2014
最終修正日: 03 Feb 2019

ご質問

Tableau Server で .tdc ファイルを使用する方法。
 

環境

  • Tableau Server

回答

重要: Tableau は .tdc ファイルをテストまたはサポートしていません。これらのファイルは探索するためのツールとして使用してください。そうでないと、データ接続でアドレス問題が生じることがあります。.tdc ファイルを作成し維持するには、注意深く手動で編集する必要があります。これらのファイルの共有はサポートされていません。
  1. テキスト エディタを使用し、保存したデータ ソース ファイルの <connection-customization> セクション全体をコピーして貼り付けます。参考資料については、「サンプル SQLite TDC ファイル」を参照してください。
  2. ファイルに odbc-sqlite.tdc という名前を付け、次の場所に保存します。

Windows の場合:

Tableau Server の 2018.2 より前のバージョン:

Program Files\Tableau\Tableau Server\<version>\bin

Tableau Server のバージョン 2018.2 以降:

Program Files\Tableau\Tableau Server\packages\bin.<build number>

またはすべての Tableau Server バージョン:

ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\vizqlserver\Datasources

ファイルを保存するには、サーバー コンピューターの Windows 管理者である必要があります。

Linux の場合:

/var/opt/tableau/tableau_server/data/tabsvc/vizqlserver/Datasources/

注: ファイルは .tdc 拡張子で保存する必要がありますが、ファイル名は何でも構いません。.tdc ファイルは、動作が一貫するようにすべてのサーバー ノードに保存する必要があります。
 
3. Tableau Server を再起動して変更を適用します。

4. Tableau Desktop で、「接続の作成」の説明に従い SQLite への新しい接続を作成します。

5. Tableau Server ログ ファイルに移動して開きます。以下の例に似たレコードを探し、このカスタマイズ ファイルが新しい接続に適用されたことを確認します。
 
ログ ファイルの場所レコード例
C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\vizqlserver\Logsクラス ='genericodbc'、ベンダー ='SQLite'、ドライバー ='SQLite3 ODBC Driver' に関し、一致する TDC、'C:\\ProgramData\\Tableau\\Tableau Server\\data\\tabsvc\\vizqlserver\\Datasources\\odbc-sqlite.tdc が見つかりました。

詳細情報

  • vizqlserver または backgrounder を実行中の各コンピューターに、.tdc ファイルが存在する必要があります (抽出更新で適用される場合)。
  • まず bin ディレクトリが確認され、次に Datasources ディレクトリが確認されます。
  • Datasources ディレクトリ内の .tdc ファイルが bin ディレクトリ内のファイルをオーバーライドします。
  • バックアップ時に .tdc ファイルはバックアップされません。
  • 復元時には既存の .tdc ファイルが削除されます。
  • bin ディレクトリがアンインストール中に削除されるため、bin フォルダー内の .tdc ファイルはアップグレード時に保持されません。
  • 復元がアップグレード プロセスの一部であるため、Datasources フォルダー内の .tdc ファイルはアップグレード時に保持されません。
  • Tableau Desktop で使用されている .tdc ファイルをそのまま Tableau Server にアップロードする必要があります。一致しない .tdc ファイルはエラーの原因になり、正しく動作しません。
 
 
この記事で問題は解決しましたか?