ナレッジベース

フィルターから値を除外する


発行: 22 Mar 2013
最終修正日: 10 Sep 2020

ご質問

フィルターで使用できる値を制限する方法。

環境

Tableau Desktop

回答

添付のワークブックの例では、スーパーストアのサンプル データ セットを使用して、3 つのみのコンテナー オプションを持つ [Product Container (製品コンテナー)] のフィルターを作成する方法を示しています。
 
クリックしてソリューションを展開する

オプション 1: フィルターとしてセットを使用する

  1. データ ペインで [Product Container (製品コンテナー)] を右クリックし、[作成] > [セット…] を選択します
  2. [セットの作成] ダイアログで、次の操作を行い、[OK] をクリックします。
    1. 最終フィルター カードに表示するすべてのオプションをチェックします
    2. セットに "Product Container Set (製品コンテナー セット)" のような名前を付けます
  3. [フィルター] シェルフから [Product Container (製品コンテナー)] を削除します
  4. [Product Container Set (製品コンテナー セット)] を [フィルター] シェルフにドラッグします
 
クリックしてソリューションを展開する

オプション 2: 関連値のみを使用する除外フィルター

  1. データ ペインで [Product Container (製品コンテナー)] を右クリックし、[複製] を選択します
  2. [Product Container (copy) (製品コンテナー (コピー))] を [フィルター] シェルフにドラッグします
  3. [フィルター] ダイアログで、最終フィルター カードに表示するすべてのオプションをチェックし、[OK] をクリックします
  4. ビューで [Product Container (製品コンテナー)] カードを右クリックして、[関連値のみ] を選択します
 
クリックしてソリューションを展開する

オプション 3: パラメーターをフィルターとして使用する (ブレンド データで使用できます)

  1. データ ペインで [Product Container (製品コンテナー)] フィールドを右クリックし、[作成] > [パラメーター…] を選択します
  2. Tableau Desktop により、パラメーターに [Product Container (製品コンテナー)] の値が自動的に設定されます。[パラメーターの作成] ダイアログ ボックスで、次の操作を行い、[OK] をクリックします
    1. 値のリストに "All (すべて)" を追加します
    2. 最終フィルター カードに表示しないすべてのオプションを削除します
  3. データ ペインの [Product Container Parameter (製品コンテナー パラメーター)] を右クリックし、[パラメーター コントロールの表示] を選択します
  4. [分析] > [計算フィールドの作成] を選択
  5. 開いた [計算フィールド] ダイアログ ボックスで次の操作を行い、[OK] をクリックします。
    1. 計算フィールドに名前を付けます。この例では、計算フィールドに "Product Container Filter Calc (製品コンテナー フィルター計算)" という名前が付いています。
    2. 式フィールドで、次のような計算を作成します。

      [Product Container (製品コンテナー)] = [Product Container Parameter (製品コンテナー パラメーター)]
      OR [Product Container Parameter (製品コンテナー パラメーター)] = "All"
      OR ISNULL( [Product Container (製品コンテナー)] )

      この計算は、[Product Container Parameter (製品コンテナー パラメーター)] で選択された製品コンテナーへのビュー、または "All (すべて)" が選択されている場合はすべての製品コンテナーへのビューをフィルタリングします。NULL の製品コンテナーがある場合、それらは常にビューに表示されます。
  6. [フィルター] シェルフの [Product Container (製品コンテナー)] を [Product Container Filter Calc (製品コンテナーフィルター計算)] と置き換えます。
  7. [フィルター] ダイアログで [True] をチェックし、[OK] をクリックします。
 
クリックしてソリューションを展開する

オプション 4: セット アクションを使用する

セット アクションは Tableau Desktop 2019.1 に追加された新機能です。
  1. ワークシートの名前を "worksheet to be filtered (フィルターされるワークシート)" などに変更します
  2. [フィルター] シェルフから [Product Container (製品コンテナー)] を削除します
  3. データ ペインで [Product Container (製品コンテナー)] を右クリックし、[複製] を選択します
  4. [Product Container (copy) (製品コンテナー (コピー))] を [フィルター] シェルフにドラッグします
  5. [フィルター] ダイアログで、ビューに表示するすべてのオプションをチェックします
    注: ステップ 3 ~ 5 では、エンド ユーザーが選択できる以上のオプションをビューに表示できます。この例では、"Medium Box (メディア ボックス)" はビューに常に表示されます。
  6. データ ペインで [Product Container (製品コンテナー)] を右クリックし、[作成] > [セット…] を選択します
  7. セットの名前を "Product Container Set (製品コンテナー セット)"のような名前に変更し、[OK] をクリックします
  8. "filter worksheet (フィルター ワークシート)" という名前の新しいワークシートを作成します
  9. [Product Container (製品コンテナー)] を [行] にドラッグし、同様にマーク カードの [色] にもドラッグします
  10. [Product Container (製品コンテナー)] を [フィルター] シェルフにドラッグします
  11. [フィルター] ダイアログで、エンド ユーザーに表示するオプションのみをチェックします
  12. ダッシュボードを作成し、両方のワークシートをダッシュボードにドラッグします
  13. [ダッシュボード] > [アクション…] に移動します。
  14. [アクション] ダイアログで [アクションの追加] > [Change Set Values (セット値の変更)…] を選択します
  15. [セット アクション] ダイアログで、次のようにします。
    1. [ソース シート] で、フィルター ワークシートのみチェックします
    2. [ターゲット セット] については、[Product Container Set (製品コンテナー セット)] を選択します。
    3. [選択項目をクリアした結果] については、[すべての値を追加] を選択します
  16. [OK] を 2 回クリックして、すべてのダイアログを閉じます
  17. "worksheet to be filtered (フィルターされるワークシート)" ワークシートに戻ります
  18. [分析] > [計算フィールドの作成] を選択
  19. 開いた [計算フィールド] ダイアログ ボックスで次の操作を行い、[OK] をクリックします。
    1. 計算フィールドに名前を付けます。この例では、計算フィールドに "Product Container Filter (set) (製品コンテナー フィルター (セット))" という名前が付いています。
    2. 式フィールドで、次のような計算を作成します。

      [Product Container] = IF [Product Container Set] THEN [Product Container] END
      OR [Product Container] = "Medium Box"

      上記の計算はディメンション [Product Container (製品コンテナー)] を [Product Container Set (製品コンテナー セット)] にある [Product Container (製品コンテナー)] の値と比較します。[Product Container Set (製品コンテナー セット)] の値には TRUE または FALSE のみが入るので、IF THEN の記述は必要です。

      式の OR [Product Container] = "Medium Box" の部分は "Medium Box" が常に TRUE となり、ビューに常に表示されることを表しています。
  20. [Product Container Filter (set) (製品コンテナー フィルター (セット))] を [フィルター] シェルフにドラッグします
  21. [フィルター] ダイアログで [True] をチェックし、[OK] をクリックします。

詳細情報

オプション 1 と 2 は、データもビューからフィルターします。

オプション 3 と 4 は、フィルター計算の記述方法に応じて、データをビューからフィルターするかどうかが変わります。

オプション 3 は、フィルターがセカンダリ データ ソースから来ている場合にも機能します。パラメーターで一度に選択できる値は 1 つだけです。

オプション 1 および 2 の操作を確認するには、次のビデオを参照してください。



今後の製品リリースで、この拡張機能を含めることを支持する場合は、次のコミュニティ アイデアに投票してください。
クイック フィルター非表示にして関連情報を保持する
データを保持しながら凡例を非表示にする



この記事についてディスカッションする... フィードバック フォーラム
この記事で問題は解決しましたか?