ナレッジベース

表の結合とデータ ブレンドのどちらを使用するかの決定


発行: 12 Apr 2017
最終修正日: 30 Jul 2020

ご質問

表の結合とデータ ブレンドのどちらを使用するかを決定するには

環境

Tableau Desktop

回答

次の事項を検討してデータを評価します。
  • ワークブック内の接続数
  • 各ソースのデータを関連付ける方法
  • データに含まれているレコード数
  • 作成する必要のあるビューのタイプ
従来の表結合は、ローカル マシンではなくデータベースで作業を行うときに最も優れたパフォーマンスを発揮する傾向があるため、ほとんどのシナリオでこれが最善の選択肢となります。データ ブレンドにはほとんど制限がないため、通常はデータ ブレンドによるクロスデータベース結合が推奨されます。
  • 通常は、クロスデータベース結合を使用して異なるデータ ソースの表を結合できます。「異なるデータベースの表を組み合わせる」を参照してください。
  • Tableau Desktop では、パブリッシュ済みのデータ ソース、ほぼすべての抽出専用データ ソース、キューブ データ ソースを結合することができません。データを別のデータ ソースに移動するか、パブリッシュ済みのデータ ソースのローカル コピーを作成してクロスデータベース結合を使用することを検討してください。これを行わない場合、データをブレンドする必要があります。
  • データ ブレンドはデータを最初に集計するため、セカンダリ テーブルに大量のデータがある場合はデータ ブレンドを行うと速く処理されます。
  • 2 つの表に 1 対 1 の関係がある場合 (各表のリンク フィールドの値にレコードが 1 つずつしかない場合)は、表結合の選択が推奨されます。表に 1 対多または多対多の関係がある場合は、結合後に重複データが作成されます。「オーバーカウント値または重複データ」を参照してください。
    : 表結合が作成されると重複データを解決できますが、データ量の増加によってパフォーマンス上の問題が生じることがあります。
  • 設計上の制約により、データ ブレンドにはいくつかの制限事項があります。データ ブレンドに関する一般的な問題の詳細については、「データ ブレンドのトラブルシューティング」およびこの記事の右側にある「関連リンク」を参照してください。
  • データ ブレンドでは左結合のみを使用するため、プライマリ テーブルに使用可能なすべての値を含める必要があります。
  • データ ブレンドはさらに柔軟性が高く、リンクしているプロパティの変更を素早く行ってアドホック分析を実行できます。たとえば、データ ブレンドによってデータ ソースを別名でリンクさせることができます。

詳細情報

データ ブレンドで使用するデータ ソースのいずれかがキューブの場合、このキューブがプライマリ データ ソースである必要があります。

この記事についてディスカッションする... フィードバック フォーラム
この記事で問題は解決しましたか?